萩椿オイル 製造方法

椿油とは、椿の種子を搾った油で、用途の広さは和製オリーブオイルとも言われ、高級食用油・整髪料として使われるほか、スキンケアなど全身に使えるオイルです。当社では化学的な処理を極力抑え、ニオイの根源である劣化した種子の選別に重点をおき、より高い品質の椿油を搾ります。機械メーカーとして搾油に関してのノウハウを持っていますので、なるべく自然なカタチで有効成分を必要以上に損なうことなく提供する非加熱で製造する方法を取っています。もちろん添加物等は一切加えていませんので自然に近い椿油といえるでしょう。

椿の実を収穫
国内でも有数の椿群生林を有し、市の花としてもツバキが登録されている山口県萩市。
萩市のご協力を得て市内各所の椿より種子を収穫します。
種子の採取・管理
収穫した"カタシ"の実から椿種子を取り出し、風通しの良い部屋で自然乾燥させ搾油に
最適な状態になるように管理します。
粉砕・選別
当社では"劣化した種子の選別"に重点をおき、より高品質の椿オイルを搾ります。
自社製品の粉砕機を使用し、種子を荒割りすることで外観ではわからない劣化した種子を判別しやすくします。さらに、NPO法人「香生の里」様のご協力を得て、オイルとなる核の部分だけ手作業で選別します。(搾油関連製品ラインアップは"こちら"をクリックしてください)
非加熱圧搾法による搾油
当社の搾油機は、昔から良いとされていた"玉しぼり法"の原理を忠実に再現し、高圧力で無駄なく搾り出します。自然なカタチで椿オイルの有効成分を必要以上に損なうことなく抽出できる"非加熱圧搾"で、高品質の椿オイルを提供します。
(搾油関連製品ラインアップは"こちら"をクリックしてください)
沈澱・濾過
沈殿器(自社製)で大きな不純物を自然落下させた後、最終工程として家庭用油こし器で
不純物を完全に取り除きます。
充填・ビン詰め
化粧品受託製造販売の認可を受けた工場で、厳しい品質管理体制の下で、
検査・充填・梱包され、お客様のお手元にお届けします。